クラウドを利用した勤怠管理システムのメリット

subpage1

各企業において、従業員の勤怠管理を行うことは、適正な給与計算を行うためには不可欠です。
そのためには、従業員の出退勤時刻を正確に記録する必要があります。

かつては多くの企業で、紙ベースのタイムカードを利用していましたが、不正打刻が相次いだこと、また、集計作業に手間がかかることから、徐々に導入する企業が減ってしまった経緯があります。

勤怠管理システムの優良サイトならこちらで見つかります。

ところが、最近、タイムカードが見直されています。

その理由の一つに、機器類の進化があげられますが、最近のタイムカードは紙ではなくスマートフォンのアプリやICカードを利用しており、また、画像認証を取り入れることで、不正打刻が極限まで防止できる仕組みとなっています。

鋭い観点からgoo ニュースサイトで情報を入手してみて下さい。

また、勤怠管理を行う上で一番の課題であった、集計作業の軽減を図ることで、タイムカードで読み取ったデータをクラウド上のシステムに送り込むことで、簡単に集計することが可能となりました。


もちろん、単に出退勤時刻を集計するだけでなく、同じくクラウド上に構築した給与システムに連動させることにより、時間外労働時間を自動的に算出し、割増賃金の算出も行うことが可能です。


つまり、クラウド上に複数のシステムを連動させることにより、勤怠管理だけでなく給与事務にかかる労力まで効率化を図ることが可能となったのです。



結果、人件費の削減にも大きな効果が期待できますので、クラウドを利用した勤怠管理システムの導入は。

まさに一石二鳥なのです。

大事なITの事

subpage2

勤怠管理はクラウド上で行うことが主流になるという意見があります。クラウド型の勤怠管理システムなら、パッケージをインストール必要もありません。...

next

ITの情報まとめ

subpage3

勤怠管理は、労働基準法の制限を受けるために資料が作成・保存されていることが重要な作業となります。タイムカードを利用していると月末の集計、修正、各個人の時間管理などやるべき作業は多く、効率を変えることが不可欠でした。...

next

ITの実態

subpage4

クラウドの勤怠管理システムはとても便利です。紙のタイムカードを利用して管理する場合に比べて、その効率性はかなり上を言っています。...

next

ITの秘訣

subpage5

勤怠管理は、従業員を抱える企業や個人事業主ならば、必ずしなくてはならないことです。これを正確に管理しておかないと、労使間のトラブルになってしまいます。...

next