• 生前贈与の非課税財産について

    • 亡くなる前に、自分の財産を人に分け与えるものに生前贈与があります。

      生前贈与では贈与税額や、みなし贈与財産に配慮をする必要がありますが、全く贈与税が生じない場合もあり、ここでの内容を理解しておくことで、よりスムーズな生前贈与につなげることが可能となります。

      まず1つに生活に必要な資金があります。
      ライフスタイルや作為的な面から判断が難しいケースがありますが、ここでは、例えば夫が妻に生活費として給料を全額渡したとしても、その内訳を明確に区分することができないことから非課税となります。



      2つ目には障碍者が受け取る財産があり、法律や条例等の規定によって支給される金銭等に課税は行われません。3つ目には、通常みなし財産に該当する借金の免除があります。
      借金では、代わりに支払ってもらいそのままであれば、その額に関して贈与税がかかりますが、どうしても支払うことができないような額に限り、税務署から非課税扱いとして認めてもらうことができます。


      離婚による財産分与に関しても対象外の扱いとなります。

      離婚によって相手から財産をもらった場合には、財産を分け合うという見解から対象財産とはならず、ここでは、贈与税逃れのための偽装離婚等であれば生前贈与と見なされ課税が行われます。

      goo ニュース情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

      生前贈与の非課税財産に関しては、他にも、学校へ進学するために支給される奨学金がありますが、制度や特例を利用する場合も非課税の適用を受けることができます。



      現在、特例としては、相続時精算課税制度、住宅取得等資金贈与の特例、夫婦間の居住用不動産贈与の3つがあり、利用をすることで税金の発生を避けることが可能となります。

  • 法律コラム

    • 生前贈与を賢く利用しましょう

      生前贈与は、文字通り死亡する前に何らかの財産を贈与するという意味です。贈与することで相続財産を減らし、それにともなって相続税を減らすことができるのです。...

  • 予備知識

    • 知っておきたい生前贈与の注意点

      生前贈与では、特例も含めて納付に関しての規定が設けられており、特に行う側は十分に内容を把握しておく必要があります。生前贈与で問題となる点の1つに、少額の場合に払わない人が多く存在することがあります。...

  • 情報分析・注目情報

    • 生前贈与の良さについて

      生前贈与とは、生きているうちに財産を贈与することで、後の相続財産を減らして相続税を減らすことを目的にすることが多いです。贈与にも譲与税というものがかかりますが、上手にやることでそういった税金を大幅に減らすことが出来るので、近年は多くの人が生前贈与をしている現状があります。...

    • 生前贈与は計画的に行うのが良い方法です

      遺産相続の際に親族同士で揉めないようにするためには、生前にきちんと分配方法などを決めておくことが非常に重要です。相続の際には相続税の問題や財産の内容と金額に関する問題など様々な問題が発生しがちです。...